【プロが教える】文章を書く時に気をつけるべき事5選

Uncategorized

ブログを始めたい人
SNSでフォロワーを増やしたい人

「良い文章を書くためには、何を意識すれば良いのか?」
「教授に評価されるレポートを書きたい!」
「心に刺さるツイートをして、フォロワーを増やしたい!」

こんな思いの一助になればと思います。

【本記事のテーマ】

文章を書く際に、何に気を付ければ良いのか。
私が気を付けている5つの観点をお伝えします。

【文章を書く時に気をつけるべき事5選】

・①思った言葉をそのまま書く
・②区切って書く
・③結論を先に言う
・④短時間で書く
・⑤2日置いて見返す

【記事の信頼性】

以前塾講師としてバイト。

塾の校長に認められ、
1年目にして「受験作文」の授業を任されました。

その後Twitterを開始。
現在は2626人のフォロワーさんに
恵まれています。
※2020年6月15日現在

Twitterアカウントはこちらから

https://twitter.com/KohLife_is_Free

【読者様への前置きメッセージ】

本記事では、「自分の文章力を伸ばしたい」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「何を意識しながら文章を書くべきか」、「具体的にどのように書いていくべきか」までイメージできると思います。

≪言葉が自身の人生に与える影響は底知れない。≫

そんな私の探求心を皆さまと共有できましたら幸いです。

それではさっそく見ていきましょう。

①思った言葉をそのまま書く

言葉は【言霊】(コトダマ)です。

言葉の伝える力は
計り知れません。

「この言葉がバズっているから」といって、そこに乗っかるだけの文章を
作っても意味はありません。

収益を上げるため、キーワードに引っかかるために入れるならまだ分かります。
ですが、
思っていないことは相手には必ずと言っていいほど伝わりません。

実は、そもそも日本人は演技が「下手」なんです。
≫参考:なぜ日本の役者は演技が下手なのか

演じようとすると、洗練された人でない限り、「私、演じてまぁ~す」感が一定数出てくるんです。

人間の感性は敏感なので、読み取られないわけがないんですね。

ではどうするべきか。
【自分が好きなことを、思ったままに書けばいいんです。】 

②区切って書く

いらないことは言う必要ありません。

一文の中で、自分が伝えたい事をはっきりさせましょう。

マナブさんがYouTubeにアップされている以下の動画、
≫参考:ブログ記事の書き方&テンプレ配布【日本トップクラスの僕が解説する】 

こちらにて説明されていますが、例えば、
「○○について説明します。○○とはこういうものです…」
こういった根本の説明は、マナブさんの言葉を借りれば「読者フレンドリー」ではないんです。

【相手が見て見やすい文章を書く】
意外と忘れがちです。

③結論を先に言う

先出ししましょう。

前述した通り、「読者フレンドリー」でない文章は、相手に苦痛を与えます。
相手があなたの文章を読む目的は
「知りたい事があるから」に他なりません。
だからこそ、先に結論、「相手に知らせてあげること」を述べましょう。

俗にいう【PREP法】もこの一端になります。
≫参考: 【PREP法】プレゼンに最適な文章構成とブログ記事での書き方例

④短時間で書く

これはブログ云々ではなく、人生通じて必要な事です。

10時間かけて作成した文章と、
1時間で作成した文章。

実はこの差は殆ど無いんです。
これを
【ファーストチェス理論】
と言います。

もちろん、マッハで作ったものをそのまま出しはしません。
それが次の項です。

⑤2日置いて見返す

判定員は2日後の自分です。


やっと文章完成!
となっても、いきなり公開はNG。


そこに乗せた思いが第三者目線で「人を動かせる」物なのか。
それを判断する為、2日間置いておきます。
人間の脳は、2日後には情報の73%を完全に忘れます。

参照: 【英単語/長期記憶のコツ】エビングハウスの忘却曲線で復習のタイミングを管理する

その状態でもう一度見返しましょう。
「この文面もっとこの方がいいだろ」って思った所を素直に変えて大丈夫です。

やれば実感できます。

【具体例: ツイート作成】

上記を基に、実際に文章を見てみましょう。

  • ①「ビジネスが出来る人」=「人にモテる人」の特徴はこうだと思う。
  • ②「紳士な人は〜。」「真摯な人は〜。」
  • ③「紳士であり、真摯であれ」
  • ④正直な話、このツイートは昼ご飯の食休みの3分で作成しました。
  • ⑤2日前に作成、当日の朝確認して投稿。

つまり、
・結論を先に言う
・そうだと思う理由を見やすく述べる
・短時間でまとめて
・2日後に確認、投稿

これで、文章を早いサイクルで書いていけるのです。

終わりに

いい文章を書きたい。
そう思ったら、やるべき事はただひとつです。

早く、たくさん、想いを乗せて書く

議事録等では「事実だけを書く」等必要になりますが、
基本的に、人に伝える文章は、これらに集約されます。

では、どうやったら

・もっと早く書けるのか?
・たくさん書き続けられるのか?
・想いを伝えるのが苦手な人はどうするべきなのか?

これらは、今後の記事で
お伝えして行きます。

お読みいただきありがとうございました。

↓ ぜひコメントもお待ちしております✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました